MERIT 01
アゴの成長発育をコントロールできる。

アゴの成長発育をある程度コントロールできるのは、こどもの時期だけ。良い治療結果が得られやすいのです。

MERIT 02
歯を抜く確率を
減らすことができる。

小学校低学年くらいから治療を始めた場合、アゴの成長発育も利用できるため、将来の抜歯を回避できる可能性が上がります。
※歯の生えるスペースを確保できない場合は抜歯することもあります。
大切なのは「抜く・抜かない」ではありません。
治療後の状態を正確に予想し、噛み合わせと歯並び、お顔を整えていくことが大切です。そのためにも治療にどうしても抜歯が必要な症例もあることをご理解ください。

MERIT 03
治療の選択肢が多い。

目指すゴールが同じでも、この時期の矯正治療は使用できる装置の選択肢が豊富です。治療方法についても、それぞれのお子さんに合った方法を選ぶことができます。

MERIT 04
使用する装置がシンプルで
装着しやすい。

小児矯正で使用する装置は比較的シンプルなものが多く、口の中での違和感も少なくなります。 また、こどもさんの場合、大人に比べて虫歯治療の跡(かぶせもの・つめもの等)が少ないため、装置の装着も簡単です。

MERIT 05
コンプレックスを解消。
こころも笑顔に。

子供なりに出っ歯や受け口、乱ぐい歯など、コンプレックスを感じ心が沈んでしまうことだってあります。小児矯正では、気になることが多い前歯の状態を最初に改善します。
そして、健やかなこころを持って正しいかみ合わせをつくっていきます。最近では、学校やご近所でも矯正治療中のお子さんが多くなっていることと思います。そのため、疎外感が少なく治療になじむのも早いと考えられます。そして、胸をはって矯正治療を楽しんで欲しいと願います。

MERIT 06
正しく食べられる、
正しく話せる。

普段から、ポカンと口を開けている。舌を上下の歯の間から出してしまう。下唇を噛む。など、様々なクセが、歯並びや発音に大きく影響します。このような良くないクセをきちんと見つけ出します。 そして、お口の周りの筋肉や、舌の動きのトレーニングをすることにより「正しく食べる、正しく話す」ことを目指します。 これらは治療後の後戻りを防ぐためにもとても大切なことです。

上下前歯の生えかわる時期に。

こどもの矯正治療は、
Ⅰ期治療→(観察期間)→Ⅱ期治療 と進みます。

Ⅰ期:乳歯が残っている段階での治療。
Ⅱ期:永久歯が生えそろった後の仕上げの治療。

矯正治療はいつの時期からでも始められますが、こどもの矯正のメリットを生かすためには
「上下の前歯の生えかわる時期」に見せていただくことをおすすめします。
「受診する=治療を始める」ということではありません。
『治療が必要か?治療を始める時期はいつごろか?』を、アゴ成長の具合などから判断いたします。
将来の見通しを立てるという意味でも、噛み合わせがおかしいな(不正咬合)と思ったら一度ご相談ください。

経歴

平成23年3月 愛知学院大学歯学部 卒業
平成24年4月 愛知学院大学歯学部歯科
        矯正学講座専科専攻生

所属団体等

愛知学院大学歯学部会会員
日本矯正歯科学会会員
近畿東海矯正歯科学会会員
日本顎変形症学会会員
日本口蓋裂学会会員

〒487-0022 春日井市庄名町2丁目2-1

平和堂春日井庄名店隣


ネット予約


■診療時間
 
午前9:30 ~ 13:00
午後15:00 ~ 19:00

休診日/木曜・日曜・祝日 土曜午前は12:00まで
午後は13:00~17:00