治療について

しっかり説明して欲しい、子供が怖がらないようにしたい、痛くしないであげたい、そんな患者さんのニーズにできる限りお応えします。

乳歯の虫歯は早く
治療することが大切です

永久歯に比べてやわらかい乳歯は、むし歯になりやすく進行も早く進みます。乳歯のむし歯は、自覚症状があまりなく進行していきます。食べ物や飲み物でしみることがあってもしばらくすると痛くなくなってしまいます。
実はその時にはむし歯菌は歯の神経まで到達してしまっていることが多く、時が経てば神経は死んでしまいます。神経が死んでしまうと根っこの先に膿がたまり、歯を支える骨を溶かし、いずれ生え替わる永久歯の質や形、歯並びを悪くするだけでなく発音の障害、あごの発育にも影響を及ぼすことがあります。そのようなことにならないように早期にむし歯を発見し、治療することが大切です。また、初期のむし歯ほど治療は容易にすみます。

~歯医者嫌いをなくすために~

心理学分野の行動療法の一つに"シェイピング法"というものがあります。これは、目的とする行動の変化に辿り着くため、簡単なことからはじめ、徐々に目的に近づける方法です。具体的には、まず診療チェアで歯磨きをすることからはじめ、歯医者で使用する器具を段階的に経験してもらうことで、怖くない歯科治療が実現できます。当院では、できるかぎりこのようなトレーニングを推奨しています。また、「トレーニングによる治療が完了したから終わり」ではありません。
永久歯と違い乳歯は弱いので、虫歯になるとすぐに進行してしまいます。
お子さまの歯は大人が管理をすることが大切です。歯医者でこまめな定期検診を受けましょう。

ドクター、歯科衛生士がブラッシング、ポリッシングを行いお口の中をキレイにします。
ブラッシング指導をし、正しいブラッシングを身につけていただきます。

虫歯で開いてしまった穴に白い詰め物をしたり、進行止めの薬を塗布したりします。
永久歯は虫歯の完全除去を優先にするため麻酔を使用することもあります。
乳歯の虫歯は痛くないを優先し、状況に応じた治療を行います。

◯シーラント

はえたての永久歯は歯の質が弱く歯の溝も深いためとても虫歯になりやすいです。その溝を樹脂で封鎖し、溝に汚れが入らないようにしながら、樹脂に含まれているフッ素が歯に作用することで歯の質を強化し、むし歯予防効果が得られます。
そのため虫歯のリスクを劇的に抑えることができます。

◯フッ素

フルオールゼリー(高濃度フッ素)
ご家庭で使用できるフッ素の10倍以上の濃度があります。 濃度が濃いのでフッ素塗布は、3ヶ月に一度の実施を推奨しています。 毎日のご自宅での低濃度フッ素使用+医院での年数回の高濃度フッ素塗布が強い歯質を作るのに効果的です。

小帯切除、歯ぎしり防止装置、学校からの紙、なかなか抜けないぐらぐらの歯、口をぶつけた等お気軽にご相談ください。

〒487-0022 春日井市庄名町2丁目2-1

平和堂春日井庄名店隣


ネット予約


■診療時間
 
午前9:30 ~ 13:00
午後15:00 ~ 19:00

休診日/木曜・日曜・祝日 土曜午前は12:00まで
午後は13:00~17:00